星の銀貨 グリム兄弟

  • 2011.11.01 Tuesday
  • 22:38


今日はグリム兄弟の『星の銀貨』を紹介します。
これは喜捨についての物語です。




さいきん、ルターという宗教改革者の本を少しだけ読んだのですが、ルターは自国のキリスト教に関して、利権ばかりを大切にする教会のありかたに異を唱え、キリストはこのような世界を望んではいなかったはずであり、キリスト者は、もっとよりキリストの教えに近い聖書へと帰ってゆけと述べて当時の宗教界を大きく変えてゆきました。ルターは罪から逃れたいという思いの強い人びとに対して、贖宥状(しょくゆうじょう)を買い求めることはないと説き、このように述べます。




「けれどもわたしは勧告する。あなたがもし何かを寄進献納し、祈願し、断食したいと思うなら、あなた自身に善いことを求める意図をいだくことなく、ほかの人びとがこれを喜びとすることのできるように、惜しみなく施しあたえ、かれらのためになることのできるように、これを行うべきである。そうしたらあなたは真のキリスト者である」

「あなたは信仰においてすでに十分である」というルターの言葉が印象的です。




この、グリム兄弟の『星の銀貨』では、少女が献身的に人びとにつくします。
もーなんにもない、という状況のあとにこそ何かがあるという話です。
キリスト教圏の子供たちがこれを読んで育つんですよね。
この童話に親しんで育った子どもは、やはり献身的な大人になるように思います。
ほんの5頁ほどの童話です。





http://akarinohon.com/center/die_sterntaler.html (ページ数 約5枚)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

明かりの本 検索

移転のお知らせ

主要カテゴリー

名作をポケットに

『明かりの本』ではamazonで買える本も紹介しています。どうぞ名作をお買い求めください。
宮沢賢治の本棚
夏目漱石の本棚
老子の本棚
ドストエフスキーの本棚

明かりの本は新アドレスに移転しました。
http://center.akarinohon.com/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM