月に吠える 萩原朔太郎

  • 2011.12.06 Tuesday
  • 00:20


今日は萩原朔太郎の詩集「月に吠える」を紹介します。萩原朔太郎は、日本でいちばん有名な詩人かもしれません。その代表作がこの「月に吠える」です。


今日僕はニーチェという深刻な哲学者が書いた詩集を偶然手にとって読んでいたのです。そうすると甘い言葉と言いますか、人生や青春を謳歌するような詩の数々が書き記されていまして。ああ、これは良いやと思いました。あのニーチェが、なんと夢見がちな詩を書いたのだろうかと感心してしまいました。


ニーチェはもともと、ものすごく深刻なことを考える哲学者なんですよ。当時絶大な権力を誇っていたキリスト教に対して、たった1人で、その権威的な組織に対して、まっこうから異を唱えたのがニーチェです。巨大な不正に対して、それを一人で突き崩そうとしていたのが哲学者ニーチェの姿です。それは福島の原発事故が起きる前に、科学者がその危険性を何十年も訴え続けるようなもので、当時の情勢から見れば、勝てるはずのない訴えです。そういう真面目な人物が、ふと詩を書いてみると、なんとも若々しくて甘い詩になってしまう。権威や堕落に対して苛烈な批判を行った哲学者ニーチェが、じつはデレデレとした世界を好んでいたというのがじつに興味深かったです。


一つだけ、ニーチェの詩を紹介してみます。

クリスマス

おお、日は晴れわたり、おお、日はなごみ、
喜びにあふれ、なんたる美しさ、
鷹の飛翔に似て、おおらかに、さえぎるものとてなく、
花畑にふちどられた泉の、
こんこんと湧き出ずるごとく、
陽光に照り映えて、あざやかに澄みとおる!

ぼくの心は、その日を見ると、歓呼の叫びも高らかに、
雲雀のごとく大空に舞いのぼる。
予感にみちた調べとなって、
あまたある甘美な秘密を告知する
竪琴の合唱を聞くに似て、
ぼくの耳は陶然として、酔いしれる!
(ニーチェ 一八五八年)


無力な若者の悲劇に怒り、権力の腐敗を苛烈に批判したニーチェとは思えないのような詩です。詩の機能について、改めて考えさせられました。


萩原朔太郎の詩集を通して、詩作に目覚める人がいたりすると良いな、と思います。
今、この時代に必要とされているものは、その人が生涯忘れられない詩集なのかもしれません。


萩原朔太郎は近代詩の父と呼ばれる詩人で、「詩はただ病める魂の所有者と孤独者との寂しい慰めである」と述べています。普段、詩を全く読まない人に萩原朔太郎の詩を読んでほしいです。代表的な詩に《月に吠える》《恋を恋する人》《竹》などがあります。
この詩集は、与謝野 晶子や岩野 泡鳴から絶賛され、宮沢 賢治や堀 辰雄が愛読しました。
55編の詩を収録しています。

ぜひ、お読みになってください。


こちらのリンクから全文お読みいただけます。

http://akarinohon.com/center/tsukini_hoeru.html (約40頁 / ロード時間約30秒)





コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

明かりの本 検索

移転のお知らせ

主要カテゴリー

名作をポケットに

『明かりの本』ではamazonで買える本も紹介しています。どうぞ名作をお買い求めください。
宮沢賢治の本棚
夏目漱石の本棚
老子の本棚
ドストエフスキーの本棚

明かりの本は新アドレスに移転しました。
http://center.akarinohon.com/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM