源氏物語 桐壺 紫式部 與謝野晶子訳

  • 2011.11.27 Sunday
  • 00:07


今日は与謝野晶子が翻訳した紫式部の『源氏物語』桐壺を公開します。

源氏物語は世界最古の恋愛長編小説です。明かりの本では、これから五十数帖をひとつひとつ順番に、すべて無料公開してゆこうかと思っています。


これは与謝野晶子が現代語に翻訳したものですので、物語として読みやすいものになっています。1帖は約20ページほどの掌編小説になっていますから、ちょうどよい読みやすさです。


源氏物語というのはどういうものかというと、光源氏という皇子が、数々の美女と契るというお話しです。光源氏は絶世の美男子で、不倫であるとか禁断の恋を数多く重ねてゆきます。光源氏に求愛されてこれを断る人はほとんど1人も居ない、というくらいの美男子であるのです。かなり性的な物語である、というように解釈できるのですが、重要なのは生老病死についてがみごとに表現されているという部分で、与謝野晶子が翻訳した「源氏物語」はこの情感を伝えることに重点が置かれています。千年経っても古びない物語です。どうぞお楽しみください。







こちらのリンクから、与謝野晶子訳の源氏物語(第一帖)を全文お読みいただけます。
http://akarinohon.com/center/01kiritsubo.html (約20頁 / ロード時間約30秒)


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

明かりの本 検索

移転のお知らせ

主要カテゴリー

名作をポケットに

『明かりの本』ではamazonで買える本も紹介しています。どうぞ名作をお買い求めください。
宮沢賢治の本棚
夏目漱石の本棚
老子の本棚
ドストエフスキーの本棚

明かりの本は新アドレスに移転しました。
http://center.akarinohon.com/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM