三四郎 夏目漱石

  • 2011.07.27 Wednesday
  • 13:00


今日は夏目漱石の【三四郎】を紹介します。
夏目漱石の代表作といわれる長編小説です。
海外で言えば、ゲーテの「若きウェルテルの悩み」のように、若者の悩みそのものを描き出そうとした歴史的名作です。地に足のつかない青年が、ついに地面をよろよろと歩く、というような物語です。





http://akarinohon.com/basic/sanshiro.html (ページ数 約600枚)

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

明かりの本 検索

移転のお知らせ

主要カテゴリー

名作をポケットに

『明かりの本』ではamazonで買える本も紹介しています。どうぞ名作をお買い求めください。
宮沢賢治の本棚
夏目漱石の本棚
老子の本棚
ドストエフスキーの本棚

明かりの本は新アドレスに移転しました。
http://center.akarinohon.com/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM