千の風 水月りら訳

  • 2011.09.23 Friday
  • 05:54


今日は水月りらさんが翻訳した『千の風』を紹介します。
これは「Do not stand at my grave and weep」という詩の翻訳です。
『千の風』は一度は聞いたことがある詩だとおもいます。

読んでみると知っていた詩とは印象が異なる、と思うのではないでしょうか。
他の翻訳と内容はほとんど同じはずなのに、印象がかなり異なるんです。
不思議です。
英語が得意な方は、ちょっと、ためしに翻訳をしてみてください。


そんなにむつかしくない英語ですから、自分で翻訳するのも簡単です。
100歩、歩くくらいかんたんです。
でもなっとくのゆくものに翻訳するのは、
それこそ地球を一周してから100歩歩くくらいむつかしい。
かつて誰かが言ったことを、自分なりの言葉で伝えてみる、というのが翻訳なんだと気付かされました。
翻訳って興味深いです。






コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

明かりの本 検索

移転のお知らせ

主要カテゴリー

名作をポケットに

『明かりの本』ではamazonで買える本も紹介しています。どうぞ名作をお買い求めください。
宮沢賢治の本棚
夏目漱石の本棚
老子の本棚
ドストエフスキーの本棚

明かりの本は新アドレスに移転しました。
http://center.akarinohon.com/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM