わがひとに与ふる哀歌 伊東静雄

  • 2011.09.29 Thursday
  • 13:20


今日は伊東静雄の『わがひとに与ふる哀歌』という詩集を公開します。
28編の詩からなる詩集です。
『わがひとに与ふる哀歌』は、文学者の大江健三郎さんがもっとも感銘を受けた詩集です。
くわしくは『すばる』 2011年 10月号をお読みください。
終わりから二つ目の『鶯』という詩がそれです。


晴れた日に
曠野の歌
私は強ひられる――
氷れる谷間
新世界のキィノー
田舎道にて
真昼の休息
帰郷者
同反歌
冷めたい場所で
海水浴
わがひとに与ふる哀歌
静かなクセニエ
咏唱
四月の風
即興
秧鶏は飛ばずに全路を歩いて来る
咏唱
有明海の思ひ出
(読人不知)
かの微笑のひとを呼ばむ
病院の患者の歌
行つて お前のその憂愁の深さのほどに
河辺の歌
漂泊
寧ろ彼らが私のけふの日を歌ふ
(読人不知)




こちらのリンクから全文お読みいただけます。
http://akarinohon.com/center/wagahitoni_atauruaika.html (約40頁 / ロード時時間約30秒)



無地バージョンに差し替えました。(2011/11/28 追記)


http://akarinohon.com/center/wagahitoni_atauru_aika.html (背景画バージョン)


コメント
じつを言いますと僕もこの28編の詩集を今回はじめて読んだのです。
「鶯」という詩については幼い頃に読んだ記憶があるのですが、28編全篇通して読むのははじめてなのです。
『すばる』 2011年 10月号を本屋で立ち読みしまして。
そこにこの詩の紹介が載っています。

(私の魂)といふことは言へない その証拠を私は君に語らう

という言葉の難解さというか、奥行きに感銘を受けました。それで図書館で「火をめぐらす鳥/大江健三郎」と「わがひとに与ふる哀歌/伊東静雄」を読んでみました。
  • 長緒始
  • 2011/10/05 5:36 PM
伊東静雄の詩集、拝読しました。
言葉が美しいですね。
伊東静雄の詩集は持っていませんでした。
読んだことなかったのですが、
こんなに美しい作品を書かれていたのですね。
ありがとうございました。
勉強になりました。


  • りら
  • 2011/09/30 10:20 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

明かりの本 検索

移転のお知らせ

主要カテゴリー

名作をポケットに

『明かりの本』ではamazonで買える本も紹介しています。どうぞ名作をお買い求めください。
宮沢賢治の本棚
夏目漱石の本棚
老子の本棚
ドストエフスキーの本棚

明かりの本は新アドレスに移転しました。
http://center.akarinohon.com/

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM